メンズ

サントリーが販売している商品の中でもグルコサミンは人気がある

血行を良くするために

サプリ

効果の違い

DHAとEPAは、どちらも血流を良くする成分として知られています。そのため多くの人がサプリで摂取しているのですが、これらの成分の効果は、厳密にはそれぞれ異なっています。DHAには、血管内にこびりついた悪玉コレステロールを減らす効果が、EPAには血液の凝固を防ぐ効果があるのです。悪玉コレステロールの除去により血管が広がれば、血液は流れやすくなりますし、血液自体がサラサラとした状態になっても、当然流れは良くなります。そのためどちらも、血流を良くする成分とされているわけです。そして効果の出やすさも、人によって異なっています。悪玉コレステロールの多い人の場合は、EPAと比較するとDHAの方が効果が出やすいと言えます。そして血液がドロドロとした状態になっている人の場合は、DHAと比較するとEPAの方が効果が出やすいのです。

青魚から摂取する場合

このようにDHAとEPAには違いがありますが、共通点も多くあります。まずは、どちらも青魚を食べることで摂取できるという点です。しかし十分な量を摂取するためには、新鮮な青魚を毎日食べる必要があります。さらに、どちらも熱に弱い成分なので、青魚から摂取する場合は、加熱調理を避けることが肝心とされています。つまり、青魚を生の状態で食べなければならないわけです。毎日新鮮な青魚を購入し、生で食べることができるように調理するには、多くの手間がかかりますし、風味に飽きてしまう可能性もあります。ところがサプリなら、青魚から摂取する場合と比較すると、かける手間が少なくて済みますし、水で飲み込むだけなので風味に飽きることもありません。また、価格も新鮮な青魚と比較すると、サプリの方が安いです。そのため多くの人が、DHAとEPAをサプリによって摂取しているのです。