WEBサイトの動画戦略

録画マーク

目的に合わせて動画を活用

高速通信網のインフラ整備を背景として企業のWEBサイトにも大きな変化が見られ、ランディングページに印象的な動画を使っている企業サイトが増えています。サイト内に商品紹介動画等を掲載するケースは以前からよく見られましたが、それらの多くは動画投稿サイトにアップロードした動画を自社サイトに埋め込んだものです。最近では自社サイトのサーバーに動画を置き、ページ読み込みと同時に再生が始まる背景動画が主流となりつつあります。インストリーム広告やインリード広告などの動画広告も含め、今後のWEB戦略はこうしたWEB動画をどう活用していくかが大きな鍵を握っているのです。埋め込み動画の形で自社サイトに掲載されるWEB動画は、サイトを訪れた人が再生ボタンを押すことによって再生されます。一方の背景動画は自社サイトに動画ファイルが置かれているため、訪問者は自分で再生ボタンを押す必要がありません。動画という最も効果的な表現を駆使し、サイト訪問者に対して自社商品やサービス・企業メージなどを一瞬で訴求できる点では背景動画の方が優れます。その反面、埋め込み動画は強力なサーバーを持つ動画投稿サイトを利用するので読み込みが重くならず、サイト訪問者の離脱率を低くできる点が有利なポイントです。いずれにしてもマーケティング戦略にWEB動画を活用していくには、目的に合わせた動画の制作と配信のための仕組みづくりが欠かせません。WEBマーケティングに強い動画制作会社・WEB制作会社を利用することで、WEB動画の企画やシナリオ作りから撮影・編集に至るまでをサポートしてもらえます。そうしたサービスではソーシャルメディアやクリック課金型広告との連携も視野に入れたWEB動画制作を支援しており、効果測定までサービス内容に含まれます。サイト訪問者に企業イメージや商品を強く印象づける動画の多くは、WEB動画のプロによって作られているのです。